びんごばんごBlog

森羅万象についてびんごばんごが勝手気ままにほざきまくります。
トラックバック&コメント大歓迎です。
<< 財投債廃止こそ改革の本丸 | main | 民主主義と政教分離 >>
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
平蔵を以って原発を制す
 資源小国であるわが国にとって、エネルギー安定供給、地球温暖化防止等の観点から、原子力発電の重要性は言うまでもなく、ウランの利用効率を飛躍的に高めることになる核燃料サイクルの確立は、わが国原子力政策の基本をなすものです。このためわが党としては、高速増殖原型炉「もんじゅ」を中心とした核燃料サイクル技術の研究開発を推進します。
(自民党重点政策2006)

東京原発 エネルギー事情から原子力発電が言うまでもなく重要なのであれば、都心部の近く(例えばお台場)にこそ原発を建設すべきだ。何もわざわざ都心近くに原発を建てることもないと思うかもしれない。だが、電力の大消費地から遠く離れた地域に原発を立地していては、いたずらに送配電ロスが大きくなり極めて非効率的だ。また、公共投資の地方偏重を修正し、都市インフラ整備を推進するという観点からも都内に原発を建設することが望ましい。地盤が強固ではないといった理由から首都圏での原発立地が困難であるなら、脱原子力政策を指向し、電力分野についても地方へのバラマキを排して人口集中地域に投資を重点配分していくべきだろう。

 元来、電気事業は地域分業に向いていない。というのも、送配電の過程で電線の抵抗などのために電気の一部は熱となって失われてしまうからだ。特定の地域に発電所を集中的に立地するのではなく、電力を消費する場所の近くで発電する方が送電ロスを削減できて効率的だ。
 
 現在、国内で53基の商用原発が運転されている(2004年度末)。各都道府県に1基ずつ立地しても余る数の原子力発電所がある。だが、実際には「強固な地盤を有している」「冷却水(海水)が得やすい」「広い敷地を確保できる」といった立地選定条件から、原子力発電所は福島県福井県などに集中している。県内総生産でトップクラスにある東京都、大阪府、愛知県、神奈川県に原発はない。原子力発電は発電電力量の26%(一次エネルギー供給の14.3%)を占め、1日又は年間を通じて常に必要とされる需要のベース部分をまかなう「ベース供給力」の役割をはたしているが、このように地域的な需給の不均衡が存在する。

 電気事業における基本的なお金の流れを思い起こしてみよう。大都市部で徴収した料金・税金を地方に投資して、原子力発電所、ウラン濃縮工場再処理工場などを建設し、原発が立地する地元の経済は交付金や原発からの税収に依存している。大都市部で徴収した料金・税金を地方にばらまく構造は何かと似ている。そう、このビジネスモデルは高速道路と基本的に同じだ。さて、原子力利用、核燃料サイクルの確立が推進されるのは、安定供給や経済性からというよりも、大都市部から地方への資金配分に官僚・政治家が関与する余地が大きく、うまみのある利権になっているからではないのか?

 原子力政策を聖域化しないで、電気事業においても地方偏重のバラマキ投資をやめ、電力の大消費地に資金を重点配分していくべきだろう。このためには、原子力政策大綱を見直し、たとえ十年、二十年がかりでも、バイオマスなどの再生可能エネルギーに一次エネルギー供給源を転換していく必要がある。

竹中平蔵著『ソフト・パワー経済―21世紀日本の見取り図』 われわれは打ち出の小槌を持っているわけではありませんから、資源を将来のために有効に使うということであるならば、人口減少社会の中での資源配分を変えざるを得ない。そうすると、人口集中地域に、もう少し投資を配分するという発想はごく自然に出てくることだと思います。
 国土の均衡ある発展の名のもとに、地方に対する、どちらかというとばらまき型の投資が結果的に増えてしまったということです。その結果、日本の都市が疲弊して、経済全体が停滞してしまいました。大不況と言われる状況の中でも、都市の高速道路はどこも渋滞しています。都市インフラが圧倒的に不足しているという状況を、いつまでも放置することはできないのです。
(竹中平蔵著『ソフト・パワー経済』PHP研究所 1999年, pp.126-127)

 地域で消費する電力を地元で発電する自立型経済構造を構築していくことによって、大都市部、地方とも、エネルギー政策に地域住民の声を反映しやすくなる。原子力施設が立地する地方自治体には国から電源立地地域対策交付金が交付されている。早ければ2006年度以降、トラブルなどで停止した原発の安全性を国が確認した後も自治体の判断で再稼働させない場合はこの交付金が停止される(読売新聞2005年9月28日)。これでは、カネが欲しければ多少の危険には目をつぶれと原発の運転を地方に強要しているも同然だ。また、原発で地域経済が潤うという恩恵の裏には、採算の取れる範囲内でしか安全対策が行われないという現実があることを忘れてはならないだろう。たとえ近隣に原発のない都市部に住んでいても、電力を消費する営みが「何にどんな負荷をかけているのか」思いをめぐらせ、エネルギー政策のあり方を問い直してみてはどうだろうか。

 2002年の一次エネルギー供給における再生可能エネルギー(バイオマス、地熱、太陽光・太陽熱、風力)のシェアを見ると、日本(2.1%)はスウェーデン(16.3%)、デンマーク(11.9%)に大きく水をあけられ、米国(3.3%)にも遅れをとっている。再生可能エネルギー利用を積極的に推進していかないと、科学技術立国としての日本の将来も危ういかもしれない。核燃料サイクルを確立しても、ウラン濃縮工場や使用済燃料再処理工場を東南アジア、南米、アフリカなどに建てまくるわけにもいかないし。
| 核もんだい | 19:52 | comments(11) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| - | 19:52 | - | - |
TBありがとうございました、原発を大都市の近くにつくるのは危険だと思いますよ、地震、地盤などを考慮するのは当たり前のことだと思います
| マルセル | 2005/09/30 11:31 PM |

コメントありがとうございます、都市部に資金を重点的に投資は大賛成です、外環状から中央・東名につながる道路は早急に造らねばいけません、ところで、新エネルギー政策とは原発を止めなさいということですか?
ボクは狐と狸のいるところ、つまり人がいない田舎に原発をつくれ派です、確かに現状の極端なバラマキはマズイですが...あと、日本よりも中国に原発をつくれば、彼らの過度なエネルギー要求も収まると思ってます
| マルセル | 2005/10/01 12:23 AM |

あと、新エネルギーといえばバイオディーゼル、さとうきびなどいくつか考えられますが、バイオマスはともかく、地熱、太陽光・太陽熱、風力は弱いと思います、原子力以外のものを出すなら、コスト面も含めてそれなり数字をみせる必要があります
| マルセル | 2005/10/01 12:33 AM |

TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

原発が地方に建つのは、爆発したときに人数的に考えて都市圏と比べて慰謝料が低いからじゃないかと微妙に嫌なことを考えてみたり…。それでもどの地方に建つのかについては政治家の関与とかは十分に考えられますよね。ドイツで原発賛成のCDUがSPDと拮抗するまで勢力を盛り返したことや、世界的な原油不足などもあり、これから世界的に原発の需要が高まっていくと思います。ですが危険なことには変わりありません。おっしゃる通り、これから技術立国として代替エネルギーで世界をリードする日本になってもらいたいものです。
| 正弘 | 2005/10/01 1:06 AM |

地球環境に与える危険度から言うと火力=石油・石炭>>原発という話しもあります、例えが変かもしれませんが、火力が車で原発がヒコーキ、さてどっちが時間当たりの死亡率高いでしょうという話しです
| マルセル | 2005/10/01 1:38 AM |

TBありがとうございます。
最近原子力発電の問題に関心を持ったばかりでよく判っていませんが、リスクを経済的に低減され実運用に耐える状態なのかどうか、疑問を持ち始めています。
危険度に関しては頻度と規模以外に修復可能か否かという視点も必要かと思います。
| fbs | 2005/10/01 8:48 AM |

TBもらって見に来ました。
60年代くらいに日本ガイシは小型原子力発電所が都市部にでき、送電線に使われるガイシの需要が大きく減少するのではないかと考えて別事業を始めたと聞いたことがあります。
鉄腕アトムの頃は原子力は夢を叶える科学技術だったのでしょうが、現実では難しいものがありますね。
| higuhigu2000 | 2005/10/01 9:17 PM |

TB有難うございます。
当地では車で1時間以内に4つの発電所があります。
その内のひとつが、かの有名になりつつある玄海原子力発電所です。
いくつもの原発のある県から反対されて、やっとたどり着いたプルサーマルの終着駅・・・・
私達は電力会社から見れば、狐や狸に似たものなんでしょう。
地元では反対運動すらありません。
さすがです。
自己犠牲なんでしょう・・・・・
| 漁師と大工 | 2005/10/01 10:18 PM |

TBありがとうございます

電気を湯水の如く浪費しているのは大都会ですが、地方としても何の産業も無いのなら、仕方ないのかも知れません。
驚くほど整備された道路や公共施設。住人に対しても、税金面その他でも恩恵を受けると言う訳でしょう。
原発反対派の人たちが「全然電気使わない」なんて言う事も無いでしょう。もし実際にロウソクやランプで生活していたとしても。 原発は難しい話です。
電力会社も自由化されるとして、その電気を送る為の電線の整備が進んでいない。
私たちに出来る事は、不要な電気は小まめに消すことだけ。
原発も難しいです。
| 天使 | 2005/10/02 2:19 AM |

TBありがとうございます。
私も、再生可能エネルギー利用を推進して欲しいと思っています。
原発は危険すぎます。廃棄物の処分方法も決まっていないし、ひとたび事故が起きたら、そこは、人が住めない場所になってしまいます。

二酸化炭素を出さないといいますが、宮城沖地震で女川原発が止まった時、原発を冷却するために、煙を出しながらディーゼルで発電していましたね。ちょっと怖い映像でした。

選挙でこんな政権ができてしまったので、脱原発はますます遠のいてしまいました。あとは、地方ががんばって地産地消のエネルギーでやっていくとか燃料電池が普及してエネルギーを自給できるようにならないかと思っています。
| チェルノブログ | 2005/10/02 11:54 PM |

TBありがとうデス。
自分は、電気はなるべく使わない派です。
政治家だったらこんな意見は、非現実的すぎて相手にされないでしょうけど。
ここでも意味が違いますね。
車もやめ自転車にして、クーラーもかけず、
タバコもやめなんて生活も、楽しい年代となりました。
| Dr.D | 2005/10/03 4:18 PM |










http://bingobango.jugem.jp/trackback/3
半身浴読書〜20〜
『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会の作り方』 / 田中優,読了.
| 元気に愚痴る♪ | 2005/09/30 10:57 PM |
財務大臣になって予算を作ろう!
 財務省のホームページで面白いものが公開されています。その名も「財務大臣になって予算を作ろう!」。小学生など子供向けに作ったようなのですが、なかなか奥が深いです。今回はこれについてちょっと紹介してみたいと思います。 まずとりあえず初期状態   「PB(プ
| 王道研究 | 2005/10/01 1:05 AM |
Give Nuke A Chance
原発は、あとは廃れ行くだけなのだろうか? 『原発』革命 古川 和男 原子炉にかけては最先進国であるフランスでさえ、高速増殖炉スーパーフェニックスを投げてしまった。日本だけが熱心だが、世論の風はカトリーナ並みの逆風だ。 しかし、古くて新しいトリ
| 404 Blog Not Found | 2005/10/01 2:20 PM |
グリーン電力
J-WAVEでは10月から毎月1日と祝日はグリーン電力を使用して放送を行うそうで...
| 生活のエコロジー、エコ生活 | 2005/10/01 9:12 PM |
もんじゅ改造に本格着工 核燃機構、人災防止誓う
と、環境なんて頭にあると、そういうニュースも目に入ってくるのか、 もんじゅ改造に本格着工 核燃機構、人災防止誓う 核燃料サイクル開発機構は1日、1995年のナトリウム漏れ事故以来停止している高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、改造工事の着工式
| Letter from Ceylon | 2005/10/02 4:27 PM |
TB:平蔵を以って原発を制す
最近、ドブログ内ではなく、ドブログ外のTBが多いLetter from Ceylonです。 もんじゅ改造に本格着工 核燃機構、人災防止誓うでも、びんごばんごBlogさんからTB頂きました。ありがとうございます。 平蔵を以って原発を制す 題名から想像しても解るように、原発反
| Letter from Ceylon | 2005/10/02 5:08 PM |
原油価格高騰は日本復活のチャンス
  原油価格の高騰が経済に与える影響 は大きい。日本も少なからず影響を受けるわけ
| おとうさん魂の叫び! | 2005/10/02 5:31 PM |
独立行政法人も要注意だな!!
今日の読売新聞に 核燃料サイクル開発機構 手当ての不正受給1億2000万円 1967年からずっとだってさ。 こういう独
| ブイっと行こう!! | 2005/10/03 4:10 PM |
またプルサーマル
おらが佐賀県の知事様の古川康氏は言いなさった。 「プルサーマルの事は玄海町と県だけで判断する。唐津市民の意見は聞く必要は無い、県民投票もしないもんね」と。 ワシは古川知事は好きじゃった。 今までの多事とは違うと思っておった。 でも・・・・・・・ ワシ
| オバカの独り言 | 2005/10/06 4:56 PM |
ノーベル平和賞に思うこと
日本時間の7日午後6時に ノーベル平和賞が発表。 IAEA(国際原子力機関)と エルバラダイ事務局長の受賞が決まりました。 今回の平和賞には 広島・長崎の被爆者の団体「被団協」も 受賞候補に上がっていただけに 残念でもあるのですが 結論から言えばこ
| 新「とっつあん通信」 | 2005/10/12 12:01 PM |
再生可能エネルギーの利用場所について(トラックバック)
びんごばんごさんの記事について、私の思うところをコメントさせていただきます。 日
| satoyama | 2005/11/10 12:08 AM |
古賀誠と民主党の再生
一部のネット系メディアに、先の総選挙にからみ連座制を適用され、古賀誠衆議院議員が
| blog.exp | 2005/11/11 12:32 PM |
原発回帰だって?
2005年2月14日付けの毎日新聞の社説によると、昨今の原油高の高騰を受けて、原発を見直す動きが広まっているそうだ。 なにぃ〜!!と思い通して読んでみると、終始、胸糞悪い感じの内容だった。もちろん、文が下手とかそんなんじゃない。「安全性がどうたら」と一応
| 果てし無い睡眠欲<国際問題・環境問題とか> | 2006/02/15 2:31 PM |
核燃料について
核燃料核燃料(かくねんりょう)とは、原子核分裂|核分裂や原子核融合|核融合などにより、原子核エネルギーを放出し、それにより原子炉などの動力システムを運転させる物質のこと。原子燃料とも。現在の技術では、核分裂に対する燃料のことを言い、ウラン235と人工元素
| 燃料関連説明ETC | 2007/06/21 7:26 PM |
Amazon
Amazon
Amazon
Coleman サバイバルキット 170-6458
Coleman サバイバルキット 170-6458 (JUGEMレビュー »)

セット内容: ポンチョ、ブランケット、イルミスティック×2本、笛、ファーストエイドポーチ、ハサミ
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
FOOD FORCE 日本語版
このページの先頭へ