びんごばんごBlog

森羅万象についてびんごばんごが勝手気ままにほざきまくります。
トラックバック&コメント大歓迎です。
<< 抗菌剤大量投与養殖ウナギも国産なら安全(・∀・) | main | ニトロフラン系合成抗菌剤の使用がやまない輸入ウナギの実情 >>
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
国会議事録にみるマラカイトグリーンに関する政府の対応
 下に引用したのは、1981年に米国で食用魚へのマラカイトグリーンの使用が禁止された時期におこなわれた参議院予算委員会の議事録だ。養殖魚に使用されるマラカイトグリーンについて、当時の農林水産大臣や厚生省環境衛生局長が答弁している。

 この議事録をみると、マラカイトグリーンには発ガン性があり、「食品になる時点での魚に残留しているということは、これは食品衛生上好ましいことではない」と当時の厚生省でも認識していたし、生物組織内の残留を検出することが当時の技術では困難であるということも分かっていたにもかかわらず、代替となる抗菌剤がないという理由で、食用魚へのマラカイトグリーンの使用が日本では禁止されなかったということがわかる。

 2002年にEUでマラカイトグリーンの使用が禁止され、その後、マラカイトグリーンの代替となる魚卵消毒剤としてブロノポールを承認する動きが進んだ。これを受けて日本でも、2005年2月にブロノポールの使用が許可され、同年8月からマラカイトグリーンの養殖水産動物への使用が全面禁止となった。

 こうして現在では日本でもマラカイトグリーンは使用禁止となったのだが、他の先進国並みの食品安全規制を後追いで達成しているに過ぎないという感は否めないし、代わって使われるようになったブロノポールにしても、画期的な新薬というわけでは全然なくて、マラカイトグリーンを禁止するから仕方なく、1960年代から存在した薬品を魚卵消毒剤に転用したものだったりする。

参議院 予算委員会 11号 昭和56年03月17日

○渡部通子君 養殖業に使われているマラカイトグリーンについて伺います。
 通産省、この用途、どういう物質なのか、それを説明してください。
○政府委員(小松国男君) 先生お尋ねのマラカイトグリーンでございますけれども、これは塩基性の緑色合成染料でございまして、日本では現在大体年間六百トン前後の生産が行われております。
 それが何に使われているかということでございますけれども、用途は主としてアクリル繊維とか蚊取り線香の染色用、これが主要なものでございます。諸外国でも大体アクリル繊維等の染色用に広く使われている状況でございます。
○渡部通子君 厚生省はどういう御認識ですか。
○国務大臣(園田直君) 私の関係から言えば、養殖業にこれは使われておりますので、魚に対するこの薬品の残留その他について十分注意をしてやりたいと思います。
○渡部通子君 農水省は、これについてはどういう御用途をお持ちですか。
○政府委員(山内静夫君) マラカイトグリーンにつきましては、現在養魚関係におきまして、主としてミズカビの防止用といたしまして、卵の消毒であるとか、あるいは稚魚期における消毒、こういう用途で使われているわけでございます。大体その量は年間約一トンと、こういうぐあいに推定されるわけでございます。成魚につきましてはミズカビの発生がきわめて少ない、こういうことから、成魚として出荷される以前の段階においてはほとんど使用されていない、こういう実態になっております。
○渡部通子君 そこで、養殖魚に使われているということなんですが、アメリカで、内務省が発行しております政府刊行物ですが、これに「進歩的養魚家」という本がありますが、そこでがん原性が指摘され、食用魚への使用は認められていないのを御存じでしょうか。
○政府委員(山内静夫君) ただいまの件については承知しております。
○渡部通子君 承知して使ってるんですか。厚生省はいかがですか。
○政府委員(榊孝悌君) お答えいたします。
 先ほど大臣からお答え申し上げましたけれども、養殖魚に使用されるマラカイトグリーン、これが、私どもとしては、食品になる時点での魚に残留しているということは、これは食品衛生上好ましいことではないというふうに考えております。したがって、少なくとも食品になる段階ではこれが含まれないという形の使い方をしてほしいというふうに考えております。
○渡部通子君 ドイツの医薬品研究及びドイツ科学アカデミーでも同様の指摘がありますが、それも御存じですか。
○政府委員(榊孝悌君) いまのお話につきましてはちょっと存じておりませんでした。
○渡部通子君 それは、ドイツにも同様の発がん性の指摘がありますので、これは承知をしていただきたいと思う。
 農林水産大臣にお尋ねをいたしますが、こういう劇物というものが何の制約もなく河川や海中に投入されてきて、しかも水産庁が急病診断指針というパンフレットでこの使用を非常に勧めているわけでございます。これについて農水大臣はどうお考えでしょうか。
○国務大臣(亀岡高夫君) 実は最近、養魚が盛んになってまいりまして、魚もかぜを引いたり下痢をしたり、いわゆる急病が非常に発見をされてきておるわけであります。この魚を治すお医者さん――獣医さんがいまやっておるわけでありますが、そういう意味におきまして、これらの病気に、魚の病気に対する治療法と申しますか、そういう、対症療法と申しますか、たまたまこの染料を使ってみたところが大変ぐあいがいいということで使い始められたようでございます。しかし、御指摘のような点が学界から言われてきておりますので、農林水産省といたしましても、急病対策総合検討会というものを設置いたしまして、専門家――非常に魚の病気の専門家というと少ないわけでございますが、厚生省等ともいろいろ相談をいたしまして、この検討会において、代替薬の開発というような方面にやはり力を入れなきゃいかぬということで、いま努力をいたしておるところでございます。先ほど水産庁の次長から申し上げましたように、年間全国で一トンということで、量は非常に微々たるものということになるわけでありますけれども、しかし、やはり事、発がん物質の指摘等を受けておることにもかんがみまして、慎重な、しかも早急な対策をとらにゃいかぬということで、手配をいたしておるところでございます。
○渡部通子君 しかも、これは生物組織内の残留を検出することはできないと、こうアメリカの文献にあるわけですね。したがって、厚生省の分野に入ってこないんです。残留が食品の中に検出できると厚生省の網に引っかかりますが、検出方法がない。使うのは自由。これだとどうしようもないわけです。その毒性というのはどこかの宙に浮いたままで人体に入ってくるという危険性が十分にあるわけでございまして、これはどうしても使う方を規制してもらう以外にはないわけでございます。微量だとおっしゃいますけれども、八グラムを入れれば二十五トンの水槽が滅菌効果を発するというほどの劇物でございますので、ぜひとも使用規制に踏み切っていただきたいと思いますが、もう一度農水大臣のお気持ち、お考えを……。
○国務大臣(亀岡高夫君) 先ほど申し上げましたように、これ以外の治療薬というものがいまのところ見つかっておらないわけであります。したがいまして、十分に注意をしてできるだけ最小限にとどめて、そして、しかもこの対策検討会でいまいろいろ検討をいたしているところでございますから、早目に結論を出してもろうて処置をしたい、こう考えております。
| 飲み食い | 00:23 | comments(1) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - |
地に堕ちた大洋漁業(マルハ)、子会社が食品テロ起こしても
反省の色が微塵も感じられない。
食品テロリスト神港魚類大堀隆首領退任へ 毒入りウナギ事件で今頃になってようやく引責
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001854441.shtml
毒入りウナギ 神港魚類が食品テロリストの分際で魚秀に損害賠償請求 東京地裁
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002147923.shtml
※東京地方裁判所 http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai.html
毒入りウナギのかば焼き今頃になってようやく焼却処分 食品テロリスト神港魚類
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002271339.shtml
※食品テロリスト神港魚類と
同じマルハニチロ傘下の
(主要)荷受一覧
マルハニチロお客様相談室
0120040826
神港魚類株式会社(兵庫県神戸市)
マーケティング部品質管理課
電話 0120−140−080
E-mail:soumu@maruha-shinko.co.jp
http://www.maruha-shinko.co.jp/uodas/sengyo.html
大京魚類株式会社(京都府京都市)
E-mail:eitoku@maruha-daikyo.co.jp
http://www.maruha-daikyo.co.jp/sosiki.html
大都魚類株式会社(東京都中央区)
http://www.daitogyorui.co.jp/jp/about/about_info.html
大東魚類株式会社(愛知県名古屋市)
http://www.nagoya-daitoh.co.jp/
| 元食品テロリスト大堀隆首領 | 2010/01/02 8:17 AM |










http://bingobango.jugem.jp/trackback/32
胃腸 病気
胃腸の病気は怖いです。馬鹿にされるからといって黙っていると大事な人や友達も巻き込んで取り返し..
| 胃腸 病気 | 2007/08/02 5:05 AM |
アレルギー 病気
アレルギー 病気について書きます。
| アレルギー 病気 | 2007/08/02 6:22 AM |
すい臓がん
すい臓がんの症状や治療法などを考えよう。
| すい臓がん | 2007/08/02 10:46 PM |
サバ マラカイトグリーン
中国産ウナギから検出された「マラカイトグリーン」とはヒトにおける発がんリスクは明確ではないが、・・・げっ歯類における発がん性が示唆され、遺伝毒性も否定できないことからマラカイトグリーン及びロイコマラカイト
| メンタル&ヘルスメーター>< | 2007/08/12 5:55 AM |
Amazon
Amazon
Amazon
Coleman サバイバルキット 170-6458
Coleman サバイバルキット 170-6458 (JUGEMレビュー »)

セット内容: ポンチョ、ブランケット、イルミスティック×2本、笛、ファーストエイドポーチ、ハサミ
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
FOOD FORCE 日本語版
このページの先頭へ