びんごばんごBlog

森羅万象についてびんごばんごが勝手気ままにほざきまくります。
トラックバック&コメント大歓迎です。
<< 沖縄の海、玄海の海と官製官依存 | main | 日本ユニセフ協会 パキスタン地震緊急募金 >>
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「打つて一丸」から多様な価値観の綱引きへ
テリー伊藤著『新お笑い北朝鮮』 「打つて一丸」はもういいよ。10月3日の日経に掲載された田勢康弘のコラム「前原新代表に注文する――民主党、違いより安心感を」を読んでウンザリさせられた。そんなに「打つて一丸」が好きなら特別に教えてあげるよ。挙国一致体制好きにぴったりの“地上の楽園”が朝鮮半島北部にある。

 敗戦後、経済復興を遂げるため、傾斜生産方式の採用を皮切りに、打つて一丸、重化学工業育成に邁進した結果、水俣病など公害への対策が遅れ、被害をいたずらに大きくした。また、全国から調達した資金を国策として一部の産業に重点投資してきた結果、GDPは大きくなったが、産業化から取り残された地域は経済成長の恩恵からも取り残された。

 これに対する反省から1962年に「国土の均衡ある発展」というスローガンが掲げられた。このスローガンが高度成長期の終焉にともなって広く浸透すると、今度は、打つて一丸、地方にカネとコンクリートをぶち込む補助金行政、ハコモノ行政に邁進してきた。その結果、公共事業や地方交付税交付金が肥大化し、今や国と地方の借金が1000兆円にまで膨れ上がってしまった。

 財政再建に向けて自民党民主党の両党が足並みをそろえ、打つて一丸、「小さな政府」競争に邁進すれば、米国における貧困問題の深刻化、社会資本整備の遅れがカトリーナによる被害で表面化したように、日本も米国と同様の問題を抱え込むようになるだろう。

民主党の人々が考えているほど多くの国民は「自民党との違い」を重視していないと思う。無理やり政策の対抗軸をつくろうとすると無理がくる。米国の共和、民主両党の政策の違いなど、だれも言えない。政策の差がそれほどなければ、むしろ安心して政権交代ができる。同じ政党が政権を握ると必ず腐敗する、だから金魚鉢の水を取り替えるように政権を入れ替える。そいういう説明でいけないだろうか。
(日本経済新聞2005年10月3日朝刊オピニオン)

 いいわけないだろw

 多様な価値観・政策を持つ複数の政党が並存していて、政権交代の可能性が実質的に担保されていれば、例えば、所得再分配が行き過ぎてバラマキに堕したり、優勝劣敗が行き過ぎて貧困問題が深刻化したりした場合、これを修正してバランスを取る機能を政治がはたせる。

 どんな方向性を選択するかは主権者たる国民が選挙を通じて決めることになるが、少なくとも選択肢がないことには国民は選びようがない。自民党が目指す社会と同じ社会を目指す民主党では存在意義がない。

■不安と不信が高まろうが国際競争に遅れじと“グローバル化&効率化”を目指す「都市型保守」。多少非効率でも内発性や信頼のベースたる自立的相互扶助を護持せんと“自治&補完”を目指す「都市型リベラル」。双方が都市浮動層を綱引きする「新二大政党制」。
■「都市型保守」のみでは、ハリケーン騒動で支持率3割に落ちたレームダック(死に体)ブッシュ政権に象徴される「新米国病」を回避できず、「都市型リベラル」のみでは高失業率に象徴される「欧州病」を回避できない。全ての国が同様な綱引きを必要としてきた。
(MIYADAI.com Blog「選挙結果から未来を構想するための文章を書きました」2005-09-23)

 民主党に独自性などいらないという主張は、激励の形式を借りた民主党バッシングであり、ネタとして受け止めるべきなのだろう。政権与党と野党が同じような政策を主張していれば、その政策を支持する有権者はたいてい政権与党に投票するだろう。政府・与党の政策を支持しているなら、あえて政権交代を期待する理由が希薄になるからだ。

 民主党の第二自民党化を要望する声に応じるようなまねを民主党はしないと信じるが、対案戦術が民主主義的な体裁を取り繕った大政翼賛路線へと変貌していくのではないかという危惧を完全に拭い去ることもできなかったりする。

 民主党は、自民党との対立軸が明確な政策を示していく必要があります。少なくとも国民の皆さんに自民党とは違う選択枝を提示しないといけません。
(民主党参議院議員 ふじすえ健三: 民主党憲法調査会の再稼動![2005年10月05日])

 はっきりと、こういう主張をしてくれる民主党議員がいるのは心強い。

藤末健三著『技術経営入門 改訂版』 ちなみに、藤末健三のブログはけっこうマメに更新されてるし、話題も「幅が広い」。ちゃんとトラックバックを受け付けている政治家のブログを見つけると何だか得したような気分になってしまう現状では、びんごばんごの知る限り国会議員のブログとしては最高峰だ。東大助教授から国会議員に転じただけあって、大学ベンチャーをよく取り上げているのが特徴だが、政治・経済とは何の関係もなく、アミノ酸サプリメントが好きだとか、子供がカードゲームにはまってるとか日常生活の描写もあったりする。
| こう自公なあ | 22:57 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |









http://bingobango.jugem.jp/trackback/7
「国家の罠」と「国家の自縛」を読み終えて
平日の勤務が終わった夜、図書館職場の組合員との話し合いに参加しました。各職場特
| 公務員のためいき | 2005/10/09 10:07 PM |
綱の感想
素材:PPクロス綱直径:45ミリPPクロスの綱引きロープです。ご希望のmに製作できます。ロープの長さ・重さは、下表をご参考にご覧下さい。価格は30m以上の場合の1mあたりの単価です。30m未満についてはお問い合わせ下さい。※お支払い方法について※こちらの商品は、メ
| 綱引きをたくさん集めました | 2007/07/03 11:16 AM |
Amazon
Amazon
Amazon
Coleman サバイバルキット 170-6458
Coleman サバイバルキット 170-6458 (JUGEMレビュー »)

セット内容: ポンチョ、ブランケット、イルミスティック×2本、笛、ファーストエイドポーチ、ハサミ
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
FOOD FORCE 日本語版
このページの先頭へ